歯列矯正中にホワイトニングできる方法

歯列矯正とホワイトニングを両方は可能なのか

ワイヤー矯正でもホワイトニングできる

長年気になっている歯列を矯正する際、一緒に歯を白くしたい。歯にコンプレックスを抱えていると、今まで気になっていた箇所を修正するなら全ての悩みを解決したいと思うのは当然のこと。
むしろ今まで以上に見せたいと思うのだから、よりキレイに整えておきたいと思うのは自然の摂理ともいえましょう。しかし歯列矯正とホワイトニングを一気に行うことは可能なのか、無理は無いのか、初めて受ける場合には心配事も多いもの。
結論から言えば、歯列矯正中にホワイトニングを受けることは可能です。そしてかつては難しそうに見えた歯列矯正中のホワイトニングは手法をより広げており、様々な歯列矯正中にホワイトニングを併用することもできるようになりました。むしろ、歯列と着色のどちらも気になるのなら、歯列矯正中に一緒にホワイトニングも受けてしまう方が良いともいえる程です。
とはいえ、いくつかの問題点も残っています。どんな方法で受けるのがホワイトニング効果を得られるものか、またオススメの歯列矯正でも注意点は無いのか。加えてかかる費用の面なども気になるところではないでしょうか。
そこで歯列矯正中にホワイトニングを受ける際に気になるポイントについてまとめました。とくにホワイトニングを受けることを想定している場合にはどの歯列矯正を受けるべきか、またマウスピース矯正の際に生じる問題点や歯列矯正とホワイトニングを受ける場合のかかる費用について詳しくご紹介していきます。

歯列矯正とホワイトニングの併用でキレイを手にする

一般的にはワイヤーを使った歯列矯正では、ワイヤーが邪魔になりホワイトニングが出来ないと言われていますが、実はワイヤー矯正の方法をちょっと変化させるだけでワイヤー矯正中でもホワイトニングすることができるのです。その詳しい矯正方法についてご紹介しましょう。

一般的にオススメの歯列矯正中のホワイトニング

一般的には歯列矯正中に行うホワイトニングとして、マウスピース矯正とホワイトニングの併用が効果的といわれています。どちらもマウスピースを使用して行うことができ、歯医者さんだけでなくご自宅でのケアも可能なのがその理由といえましょう。しかし注意点もあります。

ホワイトニングの時期選びは大切

ホワイトニングを受けるタイミングは歯列矯正中のどこで行うべきか、これが最も大切です。痛みなど体が受ける問題だけでなく費用の面でもタイミングを考慮することは、後の仕上がりの面で大きな影響を与えるものなのです。ホワイトニングに関するタイミングについてご紹介します。